DigiTimesは9日(現地時間)、台湾のサプライチェーンの話として、次期iPad(通称:第5世代iPad)の量産は7〜8月に始まるだろうと伝えています。

macrumors-ipad5d

情報によると、第5世代のiPadは第4世代よりもより薄く軽くなり、さらにiPad miniに似た細ベゼルデザインを採用するとも指摘しています。

第5世代iPadの製造に関しては、液晶パネル供給をシャープとLG、極薄フィルム状タッチパネル供給を日東電工と帝人、画面組み立てをTPKが担当することになるとのことです。

しかし、第5世代iPadの製造において、タッチパネル製品の製造における歩留まりがスムーズな量産にむけての大きな懸案事項となっているともしています。

製造が今夏に開始されるということを踏まえると、デザインを変更して薄く軽くなった第5世代iPadは今秋以降にリリースされることになるのではないかと予想されます。

[DigiTimes]