富士通、世界最小・最薄・最軽量の静脈センサーを実用化

富士通は12日、静脈認証装置の中では世界最小・最薄・最軽量となる非接触型「手のひら静脈センサー」を開発し、実用化したと発表しました。

 12b 12c

今回富士通研究所が開発したセンサーは、サイズが25mm×25mm×6mmと既存センサーよりも5.2mm薄く、重さも約4.0gと従来のセンサーに比べて56%の軽量化に成功しています。

このセンサーは手のひらの静脈を連続撮影することで静脈パターンを読み取り、その模様の違いを利用することにより個人を識別します。他の静脈認識の方法と比較して、偽造による成りすましが困難な点や、衛生面において優れています。

さらに、認証処理の高速化によりタッチさせるような感覚で認証できるため、高精細かつ軽快な操作を実現しているとのこと。

小型・薄型化を実現するため、照明・光学系を再設計しており、薄型パソコンやタブレット端末への搭載も可能となっていることから、今まで搭載できなかった様々なデバイスへの活用が期待されます。

[富士通研究所]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます