SSDストレージ「ioFX」に1.6TBバージョンが登場!

Fusion-ioは7日(現地時間)、ラスベガスで開催中の放送・制作関連の見本市「NBA 2013」にて、SSDストレージ「ioFX」の1.6TBバージョンを発表しました。接続インターフェイスはPCI Expressで、夏の出荷が予定されており、値段は明らかにされていません。

 screenshot4713841am-3-1365338707 (1)

ioFXにはこれまで460GBモデルが存在していましたが、市場からの要望を受け、今回1.6TBモデルを開発したとのこと。ストレージ容量は前モデルから増えていますが、本体のサイズは以前と変わりません。

この1.6TBバージョンのioFXはHP(ヒューレット・パッカード)のワークステーション「HP Z」に搭載されるほか、既存のワークステーションに増設することもできます。

また、既存の460GBモデルは約500ドル値下げされ、2000ドル(約19万6790円)で販売されるとしています。

このSSDストレージの正確な値段を聞くのは正直怖い気もしますが、グラフィック用途など、どうしても大きな容量のSSDが必要という方には、なくてはならない製品となりそうです。

[Fusion-io / Engadget英語版]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます