GalaxyはiPhoneよりシンプル ―ブランド格付け会社発表

ブランド格付け会社Siegel+Galeは、サムスンのスマートフォン「Galaxy」は、米アップルのスマートフォン「iPhone」よりもシンプルだとする人が多いという調査結果を発表しました。会社のブランドにおけるシンプルさではアップルがサムスンを上回りましたが、製品レベルではサムスンの方が上であるとのこと。

samsung-galaxy-S3-vs-iphone-4s

この調査は400人を対象におこなわれ、調査の結果、長年「シンプルさ」において圧倒的な地位にあったiPhoneを、Galaxyがノックアウト(打ち倒した)したとのことです。

Galaxyがシンプルだとされる理由の一つには、Galaxyは「簡単に使える機能が充実している」ということが挙げられています。Galaxyはタグ付けされた写真の高速転送や、情報の共有が簡単であるのに対し、iPhoneでは「直観的な操作」を重視しており、ユーザーがスマートフォンの使用に慣れた今でも、昔と変わらない操作方法になっています。

二つ目は、Galaxyは「先進的な機能を売りにしている」という点です。先進的な機能がユーザーにとって必ずしも役に立つ機能とは限りませんが、それがブランドイメージを高めているとしています。一方iPhoneは、ユーザーの生活に直結する機能をアピールしています。

三つ目は、周辺機器やアプリの充実が挙げられます。iPhoneは純正のアプリや周辺機器と共に、綿密なカスタマーサービスが提供されていますが、Galaxyは純正でない様々なアプリや周辺機器との親和性が高く、それがたくさんの人に支持されている理由だとしています。

なにが「シンプルさ」であるかによって結論が変わる気もしますが、シンプルさという点でGalaxyがiPhoneに対抗しうる力をつけてきたのは確かなようです。スマートフォンの本格的な普及により、ユーザーがスマートフォンの操作に慣れてきたのも、Galaxyが評価された一因なのかもしれません。

[Siegel+Gale via CNET英語版]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます