Google Glassの一般販売はおそらく来年 ―米グーグル会長談

米グーグルの会長を務めるエリック・シュミット氏は22日(現地時間)、BBC Radio 4の「World at One」に出演し、メガネ型コンピューター「Google Glass」の一般販売は “恐らく来年” になるだろうと語りました。

glassframes_large_verge_medium_landscape 

写真はグーグル社員のGreg Priest-Dorman氏

シュミット氏によると、先行版からのフィードバックを現在のGoogla Glassの問題解決に利用し、その後の一般販売へと繋げたいとのこと。

Google Glassはシアトルのバーで利用が禁止されたり(記事リンク)、ウエストバージニア州では運転中の利用を禁止する法案が提出されたり(記事リンク)転売するとただのサングラスになる可能性も指摘される(記事リンク)など話題が尽きませんが、2013年のウェアラブルコンピューター業界における中心的な製品となるのは間違いないでしょう。

一方、米マイクロソフトも同様のメガネ型コンピューターやスマートウォッチを開発していると噂されており、米アップルもスマートウォッチ「iWatch」を年内に発売するだろうと報じられています。現在のテクノロジー関連の話題の中心はスマートフォンですが、今後人々の関心はウェアラブルコンピュータへと移り変わる可能性もあります。

[Android Authority]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます