Android版「Google日本語入力」、ベータから正式版に昇格

グーグルは4日、日本語入力システム「Google日本語入力」のAndroid版をアップデートし、ベータ版から正式版に移行したことを発表しました。最新版での変更点は、マッシュルームの安定性向上と、x86 CPUを搭載する端末への対応。

unnamed

Google日本語入力は、豊富な語彙力と強力なサジェスト機能で評判の日本語入力システム。2009年12月にデスクトップ版が発表され、2011年12月にAndroid版も登場しました。すべてのプラットフォームにおいて無料で利用できます。

ベータ版としてリリースされたAndroid版では、ユーザ辞書やスキン、ハードウェアキーボードへの対応、「Godanキーボード」の導入といった機能追加やパフォーマンスの改善などを重ね、1年4ヶ月の期間を経て正式版へと移行しました。同社は「これまで以上に、Google 日本語入力は『思いどおりの日本語入力』を実現するべく、開発を続けていきます」としています。

unnamed

先日のエイプリルフールには「Google日本語入力パタパタバージョン」なる “ネタ” を披露し話題になった、グーグルの本気が垣間見えるGoogle日本語入力。Android版では、モバイルでの利用を想定した単語を中心に収録するなど、デスクトップ版を踏襲しつつ独自の進化を遂げています。

Androidでの日本語入力システムといえば「ATOK」や「Simeji」が人気ですが、正式版に移行したことで「Google日本語入力」も有望な選択肢となると思われます。

日本語入力システムの変更は、ライバルのiOSでは行うことができないだけに、Androidにとって非常に大きな強みです。自分に合ったものを見つけられればメールやSNSなどの利便性が格段に向上しますので、これを機に一度導入してみてはいかがでしょうか。

[Google Japan Blog via ケータイWatch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます