HP(ヒューレット・パッカード)は23日、新型グラフ計算機「HP Prime」のティザー動画を公開しました。同製品では、フルカラー表示に対応した3.5インチ・マルチタッチディスプレイを搭載しているなど、これまでのグラフ計算機のイメージを大きく変える仕上がりとなっています。

図3

公開された動画では、グラフ描画の他にも三角関数や幾何解析などの計算結果をビジュアルに表示する様子が描れており、従来の電卓製品と比べて「計算結果の可視化」という点に非常に力が入れられている印象を受けます。

製品の外観についても、本体にポリッシュ仕上げのアルミニウム材を使用していたり、キーパッドにテーパーが施されていたりと趣向がこらされた仕上げになっており、ソース元の記事では「ポルシェ・デザインのBlackBerry端末 “P’9981” をイメージさせる」と表現しています。

最近ではスマートフォン向けアプリにも関数電卓機能を利用することができるものが増えてきていますが、こういった高機能なスタンドアロン製品はまだまだ需要が高いと思われます。価格情報や日本での発売有無などに関する情報は公開されていませんが、期待して待ちたいと思います。

 

[THE VERGE]