Androidの成長止まる…拡大続けるiPhone ―米調査結果

調査会社comScoreは4日(現地時間)、米国内におけるスマートフォンの3ヶ月毎の平均シェアを発表し、それによると最新のデータではAndroidプラットフォームはシェアを落とし、代わりにiPhoneプラットフォームはシェアを伸ばし続けていることが判明しました

chart-android-ios-market-share

 

 credit:Business Insider

上の図の青いラインがAndroidプラットフォームのシェア、赤いラインがiPhoneプラットフォームのシェアをしめしています。

調査によると、Androidプラットフォームは2012年12月~2013年2月の平均で『51.7%』のシェアを獲得し、2012年9月~同年11月までの平均シェア『53.7%』から2ポイント数字を落としています。一方、iPhoneプラットフォームは2012年12月~2013年2月の平均で『38.9%』のシェアを獲得し、2012年9月~同年11月までの平均シェア『35.0%』から3.9ポイント数字を伸ばしています。

上のグラフからもわかるように、米国においてiPhoneプラットフォームは順調にシェアを伸ばしている一方、Androidプラットフォームはその成長に陰りがでていることがわかります。

usa-diamant-iphone-4-skal

AndroidプラットフォームはiPhoneプラットフォームにはない「多種多様なラインナップ」という強みを活かし、ここ数年シェアを伸ばし続けてきました。また、低価格端末が多いのもAndroidプラットフォームの特徴で、その購入しやすさによって中国を含む新興国で大きなシェアを獲得しています。

しかし、米国では低価格端末の需要は多くなく、さらにサムスンという圧倒的な強者の前に他のAndroid端末メーカーは利益を生み出すことができていないのが現状です。

その状況を打破するために、グーグルとモトローラはサムスンの「Galaxyシリーズ」に対向するための、意欲的なスマートフォン「X Phone」をリリースすると噂されています。はたして、X PhoneはAndroid陣営の中に漂う閉塞感を打破することができるのでしょうか。

[comScore via Business Insider]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます