「iPhone5S」または「廉価版iPhone」のものと思われるパーツが流出

iLabFactoryは11日、米アップルの次期iPhone(通称:iPhone5S)、もしくは廉価版iPhoneのものと思われるパーツをいくつか入手したとして、同サイト上にその写真を公開しています。

 ilab_V21 ilab_V1

Credit:iLab Factory

上のパーツはボリュームスイッチ、バイブレータフレックスケーブルとして紹介されています。バイブレータは「iPhone 5」と同じく1モーター・デュアルヘッドの一体型となっているようです。3つのプッシュスイッチはそれぞれパワー・ミュート・ボリュームとなり、下部センサーは感応系のものであると予想されています。また、このパーツは廉価版iPhoneのパーツである可能性もあるとのことです。

 ilab_HB1 ilab_HB2

Credit:iLab Factory

こちらのパーツはホームボタンフレックスケーブルとして紹介されています。iPhone 5のものよりも若干長くなっているとのことです。

ilab_Camera1 ilab_Camera2

Credit:iLab Factory

こちらのパーツはフロントカメラフレックスケーブルとして紹介されています。サイズが小さいためフロントカメラであろうと考えられているようです。右写真のAのコネクタ部には近接センサー・環境光センサーがつくと予想されています。

三月下旬にMOUMANTAIによりリークされたiPhone 5Sとされるパーツと今回のパーツには類似点が多く、これらのパーツが本物である可能性は高いと思われます。ただし、iPhone 5のパーツとの形状の差があまりない事も事実で、iPhone5SはiPhone 5のブラッシュアップバージョンになる可能性が高いと考えられます。

[iLabFactory / MOUMANTAI 3/19 3/21]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます