iPhone5Sは2~3種類のサイズが存在し、夏発売か ―著名アナリスト

Topeka Capital Marketsのアナリストを務めるブライアン・ホワイト氏は、投資家向けのレポートの中で、米アップルの「次期iPhone(通称:iPhone5S)」には最低2つ、もしかすると3つの異なる画面サイズのモデルが存在し、その登場時期は夏になるだろうと報告しました。

iPhone5frontbackslate91312_610x426

ホワイト氏といえば、アップル製品に関して正確な予測をするアナリストとして知られており、今回同氏は中国と台湾の部品メーカーを訪れ、この情報を掴んだとしています。

同氏によると、「アップルはいずれ、1つのサイズのiPhoneでは全ての顧客の要望に答えられず、複数のサイズのiPhoneを用意することにより同社の市場シェアを拡大できることに気付くだろう」としています。

アップルはこれまで、最新のiPhoneには1つの画面サイズしか用意してきませんでした。しかし、MacbookやiPadを見ればわかるように、同社は他の製品ではきちんと市場の要望に答えて複数のサイズの製品を用意しています。

もちろん、複数サイズのiPhone5Sを用意することは顧客の分散を招くというマイナス要因もありますが、iPad miniが大きな成功を収めたように、ユーザーのニーズに答えることによりアップルはさらなる大きな成長を達成できる可能性も十分にあります。

[Business Insider]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます