iPhone5Sはデュアルショット機能に対応し、200万画素の前面カメラを搭載か

iOSDocは29日(現地時間)、アップルのソフトウェアエンジニアからの情報として、次期iPhone(通称iPhone5S)は200万画素の前面カメラを搭載し、前後同時に写真を撮れる「デュアルショット」に対応すると伝えています。

ffcam

iPhone5Sには1200万画素の背面カメラが搭載されるとの情報がありますが、前面カメラもフルHDの動画撮影に対応し、200万画素カメラにアップデートされるとのこと。また、サムスン電子がGalaxy S4に採用すると発表した「デュアルショット機能」に対応し、前後のカメラで撮影者と被写体を一枚の写真に収めることが可能になるとしています。

デュアルショット機能は現在開発途中で、次期iOS「iOS7」には搭載されない可能性もあるとしています。iOS7のリリースまでに完成しなければ「iOS7.1」での導入になるとのこと。

これまでの情報が正しいとすれば、iPhone5Sはカメラ性能の向上が大きな特徴となりそうです。iOS7は6月の開発者向けイベント「WWDC」で発表されるものとみられていますが、デュアルショット機能の搭載は明らかにされるのでしょうか。

[iOSDoc via Phone Arena]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます