iPhone5Sの湾曲デザインを再現したコンセプト画像が登場

先日、湾曲デザインを採用したiPhone5Sのプロトタイプ画像が流出したとお伝えしましたが、その湾曲デザインを元にして作られたと思われるiPhone5Sのコンセプト画像が新たに登場したとiDownloadBlogが伝えています。 

Curved-glass-iPhone-Nickolay-Lamm-Matteo-Gianni-001

湾曲デザインを採用したiPhone5Sのコンセプト画像 

画像を見ると、従来の物理的なホームボタン、側面の音量調節ボタンなどが排除され、電源ボタン以外全てがタッチ操作になっていることが分かります。

スマートフォンのデザインはこれまであまり変化しておらず、表面のみにタッチパネルを採用したデザインが主流ですが、このiPhone5Sはこれまでになかった湾曲デザインが採用され、側面までタッチパネルになっています。また、ディスプレイを湾曲させることにより奥行きがあるように見せることができ、擬似的な3D体験をすることができるといいます。

アップルには、湾曲デザインのiPhoneを開発したものの生産コストからリリースを諦めた過去があると伝えられており、他にも、湾曲ガラスを採用したデバイスをアップルが開発しているとの報道や、湾曲デザインの特許を取得したことなども伝えられているだけに、iPhone5Sがこの湾曲デザインになる可能性は捨てきることができません。

gsmarena_0016 gsmarena_0032

先日リークされた湾曲デザインのiPhone5Sとアップルが取得した特許画像

しかしながら、この湾曲デザインには、「画像の歪みが心配」「操作がしにくくなる」など不評の声も多くあり、あまり実用的なデザインとは言えないようです。

アップルならこれら欠点を克服して湾曲デザインを採用することも期待できますが、はたしてiPhone5Sはどのような革新を秘めているのでしょうか。

[iDownloadBlog]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます