米アップル、iPhone5Sをまもなく生産開始へ 今夏発売! ―WSJ報道

米Wall Street Journal紙は2日(現地時間)、米アップルが開発中とみられるiPhone5S(次世代iPhone)が2013年Q2(4月~6月)に生産が始まると報じています。この情報は端末の製造に精通する関係筋からもたらされたもの。

報道によると、iPhone5Sの形状は現行モデルと大きさや形状が似ているとしており、今夏のリリースを目標として製造されるとしています。

iphone5s

画像は想像図 / 複数カラー展開も?

生産時期が4月~6月ということは、少なくともあと2か月以内に生産が開始されることを意味しており、従来通りのスケジュールであると仮定すると、今夏発売である可能性は非常に高いものと思われます。アップルはiPhone 4Sの発売をきっかけに秋発売に移行させていますが、タイミング的には6月下旬~7月中に発売されるのではないかと思われます。

サイズや形状については従来の予想通りといったところ。「S」付きモデルは前モデルの基本機能やデザインを踏襲していますので、CPUなどのスペックアップ程度に留められる可能性があります。

ただし、iPhone 5開発段階に「NFC搭載モデル」と「NFC非搭載モデル」の2つが最終段階までテストされていたことが明らかにされており、発表直前にセキュリティ上の懸念から販売が見送られたと伝えられています。このことから、iPhone5SがiPhone 5と同じ筐体デザインを採用していたとしても、NFCを搭載することは不可能ではありません。

また、WSJは廉価版iPhoneについても触れており、こちらは4インチの画面を搭載した上で、2013年終盤の発売に向けて順調である可能性を示唆しています。

[WSJ via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます