モトローラは「ちょうどいいサイズ」のスマートフォンを追及

モトローラのデザインチーフを務めるJim Wicks氏は16日(現地時間)、PCMAGとのインタビューの中で、「スマートフォンのサイズは大きければ良いというわけではない」と、「ファブレット」のような画面の大き過ぎるスマートフォンに対して否定的な意見を述べています。

Motorola-X-Phone  

Wicks氏は、「確かに一部の人々は大画面のスマートフォンが好きだが、現在のものは行き過ぎている」としており、「大多数の人々が求めているのは”ちょうどいい”サイズだ」との意見を述べています。 

そこで、モトローラはシンプルで使いやすいスマートフォンを追求するとしています。画面の大きさは維持しつつ小型で”ちょうどいい”サイズの端末を製作するために、ベゼルをできるだけ狭くする努力を行っているほか、スクラッチや衝撃の耐性も端末製作の鍵になるとしています。

さらに、ソフトウェア面でも、「シンプル」を心がけたいとしています。プリインストールアプリは出来るだけ少なくして「純粋なAndroid端末」を製作し、最新の機能を真っ先に使える設計をするとのこと。

Wicks氏は、モトローラの今後の事業展開についても言及しています。モトローラの「Razr」シリーズは「HTC One」や「Galaxy S」シリーズのように大きな影響力をもっていないため、今年はより少ない種類の製品を生産し、新しいブランドを構築するとしています。また、そのブランドの製品はグーグルとの共同製作で、今年の後半には発表されるとしています。

上記で述べられているのは「X Phone」のことであると考えられますが、どうやら「Nexus」シリーズと同様に純粋なAndroidを目指しながらも、ベゼルや外装など、見た目・ハードとしての使いやすさにこだわった端末になるようです。

最近のスマートフォンは大きすぎる…というユーザーにとって「X Phone」は期待の端末になるといえそうです。

[PCMAG via BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます