GooglePlayストアがリニューアル 明るいデザインに変更

米グーグルは9日(米国時間)、Android公式ブログにおいて、Google Playストアに新デザインを導入したことを明らかにしました。Android 2.2以降を搭載しているデバイスで順次更新されていく予定です。

play_books_home_-_tablet_play_home_-_phone

新しいGoogle Playストアは、従来のAndroidが持っていたキーカラーとも言える「黄緑」や「黒」といった “電脳” 的な要素を排除して、グレー・青・白といった色がメインで使われています。Google検索やGmailなどにも採用されているデザインと同じ路線を踏襲しており、従来よりもコンテンツの画像とそれを説明する文字列のバランスがよくなったように感じます(従来は画像主体)。

スマートフォン版においては、アプリ・映画・ゲーム・書籍・音楽などの大カテゴリに直接アクセスできるようになっており、総合コンテンツストア化を果たしたGoogle PlayストアにふさわしいUIになっています。

なおグーグルによると、コンテンツを購入するまでのステップが短縮されているとしており、従来よりも少ないステップでコンテンツを購入することが可能になったとのことです。

[Android公式ブログ via Android Central]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます