THE VERGEは10日、複数の事情に詳しい人物からの情報として、マイクロソフトの次期Xbox(通称:Xbox720)は、ケーブルテレビのセットトップボックスとの連携機能を備えており、その機能にはKinectも利用されるだろうと伝えています。

xbox_720_polls_v2

情報によると、Xbox720はケーブルテレビのセットトップボックスの信号をHDMIで通過させ、そのビデオ映像の上にXbox720のUIを表示させることができるとのこと。

そして、マイクロソフトはコンテンツの提供会社と提携し、グーグルのスマートTV「Google TV」よりも進んだスマートTV体験を提供するつもりとしています。このサービスはXbox720の発売時から開始され、提供されるコンテンツの数は次第に増やしていく予定とのこと。

さらに、このテレビ機能には次世代の「Kinect」も利用される予定です。次期Kinectは複数の人間を同時に認識できるので、その機能を利用して、テレビの前にいる人の眼球がよその方向を見た時に、ビデオの再生を一時停止することができるとしています。

マイクロソフトはリビングにの中心にPCを位置づけようと長年試みてきましたが、その試みは成功したとはいえない状況です。同社は今度は、次期Xboxをリビングの中心に位置づけようとしているとみられますが、その計画はうまくいくのでしょうか。

[THE VERG]