ノキアの次世代スマホ「EOS」は4100万画素カメラ・クアッドコアプロセッサ搭載か

My Nokia Blogは15日(現地時間)、ノキアの次世代フラグシップスマートフォンには4100万画素のカメラとクアッドコアプロセッサが採用されるだろうと伝えています。

nokia-808-pureview_sample3_1024-540x405

My Nokia Blogが独自に得た情報によると、「Nokia 808」と同等の4100万画素カメラを搭載したWindows Phone 8端末「EOS」が現在開発・テスト中であるとのこと。以前の情報から、そのカメラは「real PureView」という名前である可能性があります。

WP8端末「EOS」は、デュアルコアとクアッドコアの2つのバージョンでテストされており、クアッドコアではバッテリーのもちが悪いとのこと。ディスプレイには1280×768ドットの有機ELディスプレイを採用し、バッテリー容量は「Nokia 920」と同等の2000mAh程度になるとしています。

また、発売は1~3ヶ月後で、初めに米AT&Tが独占販売するとしています。

ノキアの次世代スマホは携帯カメラとしては破格の画質を誇る「PureView」を搭載することにより、カメラを別に持ち歩くほどではない…けど高画質の写真を気軽にとりたい!というユーザーにとっては、魅力的な端末になりそうです。

[My Nokia Blog via CNET]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます