KGI証券のアナリストを務めるミンチー・クオ氏は投資家向けのレポートの中で、「Retina版iPad mini」の量産はディスプレイの生産上の問題から、10月まではおこなわれないだろうと報告しています。

ipad-mini-retina-display1-500x356

KGI証券のミンチー・クオ氏は、Topeka Capital Marketsのアナリストを務めるブライアン・ホワイト氏と共に、アップル製品に関する予測において一定の信頼を得ている人物です。

報告によると、7.9インチのRetina解像度(第4世代iPadと同等だとすれば、2048×1536ドット)ディスプレイの生産に、明らかに問題が発生しているとのこと。

また、同氏はアップルが「廉価版iPad mini」を発売するかもしれないとしています。廉価版iPad miniの値段は199ドル~249ドル(約1万9540円~2万4450円)になるだろうとのこと。

同氏は、iPad miniには生産コストを下げる余地がまだあるとしており、例えば背面カメラを廃止したり、8GBモデルを生産したり、ボディの生産性を向上させたり、よりプロセスルールがシュリンクされた「A5プロセッサー」を採用することなどを提示しています。

9.7インチのiPadについては、ベゼルの狭いiPad miniに似たデザインを採用した「第5世代iPad(通称:iPad5)」が秋に登場するだろうとしています。

482_718345_95fdc7894f9562d

Retina版iPad miniのものと思われる、流出した背面部品

Retina版iPad miniの生産が10月までおこわれないことで、その発表も秋前後に行われる可能性がありそうです。先代のiPad miniは昨年10月に発表、11月に発売されたので、iPad miniのリリースサイクルはほぼ1年のサイクルが維持されることになりそうです。

[Apple Insider]