サムスン、自社のステマ行為を認める ―大学生を買収してHTCを中傷依頼

AFP通信は16日(現地時間)、サムスンが台湾の大学生を雇いHTC製スマートフォンを中傷する記事をウェブ上に書かせた問題で、現在台湾の公正取引委員会がこの問題を調査中であり、サムスンは自社の不手際を認める声明を出していると報じています。

Samsung-logo

もし台湾の公正取引委員会がこの行為を違法だと認めれば、サムスンは約83万5000ドル(約8200万円)の罰金を課されるとのこと。

サムスンは「マーケティングの基礎理念の理解が十分でなかった」と自社の失態を認め、今後はこのようなマーケティング行為は行わないとの声明を出しています。

昨今日本でも、芸能人を利用したステルスマーケティング行為が問題になっていますが、こうした問題は日本に限らないようです。何度も指摘されているように、ステルスマーケティングは商品販売において一定の効果をもたらすものの、その行為が白日のもとにさらされた場合、逆に企業のイメージが大きく損なわれるというデメリットもあります。はたしてこうしたマーケティング行為は本当に企業の収益に利する行為なのでしょうか。

[AFP via BGR]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます