ソフトバンクが66万件で15ヶ月連続首位 ―3月末携帯電話・PHS契約純増数

日本経済新聞は5日、3月末時点での、各携帯キャリアの携帯電話・PHSの契約数を報じている。

各キャリアの3月中の純増数は、NTTドコモが41万7400件、KDDIが51万1900件、ソフトバンク・モバイルが66万0700件となった。ソフトバンクは純増数で15ヶ月連続首位。各キャリアとも、年度末商戦で数字を大きく伸ばしてきたことが見てとれる。

  3月中 2月中
NTTドコモ 41万7400件 14万3400件
KDDI 51万1900件 21万2700件
ソフトバンクモバイル 66万0700件 25万5300件

3月・2月中純増数

2013年3月末時点の総契約数は、ドコモが6153万6000件、KDDIが3770万9300件、ソフトバンクが3247万9600件となった。

NTTドコモ 6153万6000件
KDDI 3770万9300件
ソフトバンクモバイル 3247万9600件

3月末累計契約数

[日本経済新聞 / 日本経済新聞 / 日本経済新聞]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます