ソフトバンク、東京メトロと都営地下鉄の駅間でLTEサービス開始

ソフトバンクモバイルは3月30日、東京メトロと都営地下鉄の駅間トンネルにて「4G LTE」サービスの提供を開始したと発表しました。対応機種は「iPhone 5」です。

softbanksubwaytokyo

既に東京メトロでは3月21日から、都営地下鉄では3月26日から、全線で携帯電話を利用できるようになっていますが、さらに30日からは駅と駅の間のトンネルにて「4G LTE」のサービスが提供されます。

しかしながら、駅構内での通信方式は基本的に3G接続となります。同社のAndroidスマートフォンでサポートされる「AXGP」については未だに整備がされておらず、その整備の予定も未定とのことです。 

ちなみに、NTTドコモはソフトバンクと同様に駅間ではXi(LTE)を提供し、駅構内ではFOMA(3G)のサービスのみを展開しています。auは既に駅間・駅構内にてLTEを提供を開始しています。 

東京メトロ・都営地下鉄の駅構内では、既に「ソフトバンクWi-Fiスポット」が提供されていますが、さらなる通信環境の改善のためにも駅構内での「4G LTE」サービスの開始が待たれます。 

[ケータイWatch]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます