ソニー、iPhone 5対応目覚ましスピーカーなど、オーディオシステム4機種を発表

ソニーは5日、iPhone 5などで採用されているLightningコネクタを装備した目覚まし機能付きのiPodおよびiPhone用スピーカー「SRS-GC11IP」と、ウォークマン用のWM-PORTコネクタを装備したモデル「RDP-NWC11」を発表しました。いずれも4月20日の発売。価格はオープン価格で、店頭での予想実売価格は共に7000円前後。

また乾電池駆動に対応し、持ち運び可能なLightningコネクタ装備のスピーカー「SRD-GM7IPN」と、据え置き型でCDやFM / AMラジオも備えたLightningコネクタ装備のスピーカー「CMT-V10IPN」の2機種も発表しました。

「SRD-GM7IPN」の発売日は4月20日。価格はオープン価格で店頭での予想実売価格は8000円前後。「CMT-V10IPN」の発売日は5月11日。価格はオープン価格で店頭での予想実売価格は1万7800円前後。

SRS-GC11IP / RDP-NWC11

両機種は本体にスピーカーを内蔵し、目覚まし機能のほかAM/FMラジオにも対応。SRS-GC11IPの本体上部にはiPhone 5や第5世代iPod touchなどで採用されているLightningコネクタが備えられており、RDP-NWC11ではウォークマンシリーズで採用しているWM-PORTコネクタを装備。それぞれ接続する事で充電などが可能となっています。

sony-001sony-002

SRS-GC11IPでは対応するアプリ「D-Sappli」がApp Storeで配布されており、これをiOS端末にインストールすることで端末の画面に数種類から選べる時計を表示することができるほか、iOS端末側の時刻や日付の設定をそのままスピーカー側に送りセットすることができます。

sony-005

そのほか、ラジオの選局プリセットや、目覚まし機能のアラーム音の選曲などがアプリ側で行えるなど、アプリとの連携にも力を入れています。ウォークマンモデルのRDP-NWC11ではこういったアプリは用意されていません。

両機種共にアナログ入力にも対応しており、iOS端末やウォークマン以外のスマートフォンやミュージックプレイヤーを接続可能です。スピーカーはモノラルで出力は0.8W。消費電力は約6W(待機時約0.3W)。外形寸法は約126(W)×100(L)×92(H)mm。重量は約482g。

SRD-GM7IPN

本機はスピーカーの前面にiOS端末を装着するタイプで、Lightningコネクタを装備しています。ACアダプター以外に単4乾電池での駆動に対応し、本体上部にはハンドルが付いているため、手軽に持ち運んで利用することができます。

sony-003

本機もiOS端末向けアプリ「D-Sappli」に対応しており、時刻や日付の設定などが可能。アナログ入力端子も備えています。乾電池での駆動時間は約10時間、デジタルアンプを採用しており、スピーカーはステレオで出力は2Wの2チャンネル。外形寸法は約226(W)×151(L)×165(H)mm。電池を含めた場合の重量は約1.1kg。

CMT-V10IPN

本機はLightningコネクタを装備したオールインワンコンポで、CDプレイヤー、AM/FMラジオも装備しています。奥行き約114mmのスリム&コンパクトボディでLightningコネクタ部分は本体内部に収納可能です。

sony-004

本機もアナログ入力端子を備えており、iOS端末以外からの入力にも対応。デジタルアンプを採用しており、スピーカーはステレオで80mm径のフルレンジ。最大出力は5Wの2チャンネル。外形寸法は約400(W)×114(L)×197(H)mm。重量は約2.4kg。

iOS端末とウォークマンの2本柱で攻めるソニー

ソニーと言えば20世紀の偉大な発明として知られるウォークマンの生みの親でもあり、常に音楽シーンの最先端を走ってきた企業ですが、音楽のデジタルコンテンツ化が訪れた際、著作権保護の仕様や楽曲販売のエコシステムの構築の失敗などからアップルに遅れを取り、一時はiPodにそのシェアを大きく奪われるなど、ポータブルオーディオの分野で苦戦を強いられてきました。

そのソニーもウォークマンの仕様の充実や著作権保護に対するアプローチの変更、さらにライバルであるアップル製端末にも対応した製品を積極的に投入することで、徐々にそのシェアも取り戻しつつあります。

今回発表された4機種についても、3機種がLightningコネクタを装備するなど、自社端末にとらわれない野心的な一面が垣間見えます。その方向性は、D-SappliなどのアプリをiOS端末向けに配布し、積極的に自社製品との連携に用いている点からも読み取れます。

現在のソニーにとって、iOS端末はライバルではなく重要な関連製品という位置付けになっています。iOS端末の周辺機器を同社の得意なオーディオシステムの分野から生み出すことは、今後も経営戦略上の重要な柱となるでしょう。

[AV Watch]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます