ソニーは8日、業務用4K/HDフォーマットとして開発した「XAVC」規格を拡張し、新たに「Long GOP方式(4K 4:2:0およびHD 4:2:2)」を追加したほか、コンシューマ向けの4K/HD方式として、MP4形式を採用した「XAVC S」規格を追加しました。

XAVC-001

XAVCで現在採用されている「Intraフレーム方式(1GOP方式)」とは、1枚(1フレーム)の画像で圧縮が完了しているもので、圧縮および解凍に掛かる時間が短いほか、フレーム単位での編集が容易であるなどのメリットがあります。

一方、新たに追加されるLong GOP方式とは、フレーム内で圧縮が完了しているIntraフレームをもとに、前後の映像(PredictiveフレームおよびBi-directionalフレーム)を、Intraフレームや別のPredictiveフレームとの差分データから計算により再現した動画のことです。

1つのIntraフレームから次のIntraフレームまでにあるフレームを1組と考え、これをGOP(Group of Pictures)と呼びます。PredictiveフレームやBi-directionalフレームは、データ量がIntraフレームに比べて小さいため、GOPを長くすれば映像の圧縮率を高められます。このGOPの区間を長く取ったものをLong GOPと呼びます。Long GOP方式の例としては、AVCHD規格などがあります。

Long GOP方式の採用は映像コンテンツの高圧縮化を可能にするため、映像ソースとして取り扱いがしやすくなる一方、多重合成などを必要とする高度な編集作業ではIntraフレーム方式に比べて不利だとする意見もあります。

どちらにしても、規格としてIntraフレーム方式と共に採用されれば、高度な編集が必要な映像ソースにはIntraフレーム方式を、小型の機器で手軽に高品質の映像を撮影する場合にはLong GOP方式を使用するなど、選択の幅が出ることは好ましい方向性です。

XAVC-002

コンシューマ(民生用)向けとなる「XAVC S」では、既に一般的なファイル形式となっているMP4を採用することで利便性を向上。映像フォーマットにはMPEG-4 AVCおよびH.264が用いられ、解像度は4K(3840×2160px)までサポート。オーディオフォーマットにはリニアPCMもしくはAACを採用しています。

ソニーは急速に市場を拡大しつつある4K市場に対応すべくXAVC規格の普及を急いでおり、現在ライセンス契約を締結、もしくはフォーマットのサポートを表明しているコンテンツメーカーおよび映像製作企業は31社。今年2月にはXAVCに対応した4Kカメラ「PMW-F55」、「PMW-F5」を発売しています。

今後は業務用のみならず、コンシューマ向けにもXAVC規格を広げることで、一気に4K市場を拡大・普及させていく目的があるものと見られます。

PMW-F55

PMW-F55

[ソニー]