Jawbone、ライフログ・リストバンド「UP」を4月20日より日本発売

米Jawbone社は4月1日、同社のライフログ・デバイス「UP」についての製品説明会を都内で開催し、同製品を4月20から日本市場で発売すると発表しました。本体リストバンドの予想実売価格は13,800円。

jawbone-up-1

このUPは、内部に独自の「Motion X」センサーを内蔵した防水リストバンドと連携アプリ(発売当初はiOSアプリのみ、Androidにも近日中に対応)、ウェブサービスからなるシステムで、ユーザーの運動状況や睡眠活動・食生活を統合的に記録分析することで、より健康的な生活を支援する製品となっています。

具体的には、ユーザーが徒歩で移動する時の歩数や速度、特別な運動をした時の消費カロリーが測定できるほか、睡眠時の体の動きからユーザーの睡眠品質(眠りの深さ/時間)を評価し、使用者の眠りが浅くなったタイミングでバイブを動作させる「目覚まし機能」も備えています。

さらに、連携するiPhoneアプリで摂取したカロリーを入力したり、食品のパッケージのバーコードを読み取ることによりその食品の情報を検索することも可能で、それらのデータと運動量や睡眠時間とを合わせた分析結果から生活習慣に関するアドバイスを得ることもできます。

 無題vb無題vbn無題cf

バッテリーについては約80分の充電で最大10日間の連続使用が可能で、日常的に使用しても苦にならないバッテリー性能を達成しています。また、重量についてもSサイズで19g、Lサイズで23gと一般的な腕時計の3分の1程度と軽量な作りになっています。

日常的に身に付ける小物ファッションとしても違和感の無いデザインのこの製品、ライフログ・デバイスに興味のある方はこの機会にチェックされてみてはいかがでしょうか。

[マイナビニュース]
[参考:アメリカで大流行中のJawbone Upまとめ]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます