米高額報酬リストの上位5人中4人はアップル社員 ―2012年度調査

米証券取引委員会に提出された、2012年度のアメリカS&P500種株価指数構成企業の社員報酬リストによると、その上位2位~4位を米アップル社の社員が占めていることが判明しました。

money

2012年度報酬ランキングの1位はラリー・エリソン氏で、9620万ドル(約94億3130万円)の報酬を得ています。

2位のアップル社でテクノロジー部門上級副社長を務めるBob Mansfield氏の報酬は8550万ドル(約83億8230万円)、3位の同社法務責任者を務めるBruce Sewell氏は6900万ドル(約67億6470万円)、4位のオペレーション担当執行副社長を務めるJeff Williams氏は6870万ドル(約67億3520万円)、5位の最高財務責任者を務めるPeter Oppenheimer氏は6860万ドル(約67億2540万円)でした。

そして意外なことに、ティム・クック氏の報酬は417万ドル( 約4億0880万円)でした。

能力と野心にあふれる人間にとって、アップル社は名声と報酬の両方を手に入れられる、魅力的な職場といえるかもしれません。

[PhoneArena / ブルームバーグ]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます