次期Xboxは「Xbox Infinity」の名前で、タッチ対応コントローラーを採用か

Forbesは26日(現地時間)、次期Xboxは「Xbox Infinity」の名前になり、PS4のようなタッチパッド搭載のコントローラーが採用されると伝えています。また、情報サイト「Reddit」やTwitterからロゴイメージもリークされているとしています(下画像)。

xbox-infinity-2 

次期Xboxのネーミングの噂として、「Xbox Infinity」という名前であるという情報の他に、iPadのように「世代表示」になるとの情報もあるとしており、「Xbox」の名前に留まる可能性もあるとしています。

ロゴの下にある「Infinite entertainment. Infinite possibilities.」は、「無限大のエンターテイメント。無限大の可能性。」という意味で、マイクロソフトはXboxをゲーム機としてではなく、総合的エンターテイメントサービスの提供端末と位置付けている可能性があります。次期XboxはWindows 8ベースであるという情報もありますが、サービスの提供をする上で最適であった、ということなのかもしれません。

また、新しいコントローラーに関するうわさも掲載しており、ソニーのPS4に採用されたようなタッチパッドを搭載するとしています。タッチパッドはクリック可能でキネクト関連のジェスチャー操作に使用できるほか、十字キーのようなコントロールパッドと同様の使い方も可能であるとのこと。

マイクロソフトは、5月21日(現地時間)にXboxに関するイベントの開催を予告しており、マイクロソフトの広報担当者ネルソン氏は同氏のブログで、「ゲームとテレビ、そしてエンターテイメントの新しい世代の始まりを創る」と宣言しています。次世代ゲーム機は、総合エンターテイメント端末としての色合いがより強くなるものと思われますが、実際にどのようなサービスが提供されていくのか期待が高まります。

[Forbes via BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます