[訂正]米アップル、ソニーとiRadio交渉で難航中 ―フィナンシャル・タイムズ報道

フィナンシャル・タイムズは9日(現地時間)、米アップルが計画中と噂される音楽ストリーミングサービス「iRadio」において、ソニーとの交渉が難航していると報じています。

報道によると、アップルはユニバーサルミュージックとは合意に達し、ワーナーミュージックとは合意間近であるものの、ソニーはより有利な条件での提携を望んでいるとのことです。

アップルは当初、100曲あたり6.5セントでの契約を提示しましたが、音楽レーベルはこれを拒否。その後、アップルは100曲あたり12.5セントでの契約を提示しているとのこと。さらに、アップルはiRadioの広告収入からも、音楽レーベルへ楽曲提供の見返りを支払うことを提示しているとしています。

apple-iradio-e1354798146924

アップルが音楽ストリーミングサービスを開始するという噂は以前より語られており、今年に入って「iOS 6.1」の中に “radio buy” のアイコンが発見されたこともありました。iRadioはただ音楽を流すだけでなく、ユーザーの好みの楽曲を自動で選ぶ機能を搭載しているとも噂されています。

現在音楽ストリーミングサービスは音楽業界において最もホットな話題であり、ソニーのような音楽レーベルのみならず、国内の携帯電話キャリアも積極的に音楽ストリーミングサービスへと参入しています。アップルはソニーとの交渉をまとめ、魅力的なサービスを提供することができるのでしょうか。

2013/05/10 17:00 GMT+9 by塚本直樹
記事投稿時、「アップルがワーナーミュージックと合意に達し」と記載していましたが、「アップルはワーナーミュージックと合意間近」の誤りでした。ご迷惑をお掛けしました。

[フィナンシャル・タイムズ via AppleInsider]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます