カーナビ・カーオーディオ大手メーカーのクラリオンは10日、米グーグルが提供する音声認識技術「Google Voice」と検索技術「Google Place」を利用した製品を年内にも発売すると発表しました。

 これによって、自社の自動車ユーザー向けクラウド情報ネットワークサービス「Smart Access」に グーグルの音声認識・位置検索技術を活用することが可能となります。

基本 RGB

Credit:クラリオン

「Smart Access」はエンターテインメント・ドライブ関連情報・インターネット情報を提供する情報ネットワークサービス。スマートフォンとの連携によって地図情報や交通情報、施設情報や電気自動車の充電場所情報など多彩なサービスが利用できるようになります

 Smart+Access

Credit:クラリオン

地図情報についてはカーナビ搭載のローカルデータが使用されます。代表的な地図検索サービスである「Google Maps」が採用されなかった理由としては、クラウドは通信環境に左右されやすく、カーナビの基本である地図情報を正しく利用できないためとしています。

 将来的には車自体の安全制御やカメラによる画像認識との連動も視野に入れつつ開発を続けていくとのこと。今後、車載情報機器にとって、コンシューマーデバイスやITサービスとの連携は欠かせない機能の一つとなっていくのかもしれません。

 [クラリオン(公式) via RBBTODAY] [Impress]