これは朗報!GooglePlayのアプリレビューに全ての開発者から反論可能に

2013年初頭に、試験的に一部開発者に対して提供されていた、Google Playストア上のアプリレビューに対する返信(/弁解・反論)機能ですが、米国時間の13日に、全ての開発者に対して同機能が提供されたことをグーグルが正式発表しました。

日本地域でよくある “良くない” アプリレビューの例としては、「日本語に対応していないから★1」「有料になったのが不満だから★1」といったような、半ばレビューの役割を果たしていない評価や、TwitterをはじめとしたSNS側の障害が原因であるにもかかわらず「つながらない 金返せ★1」的なものなどが氾濫している状況です。

AutoCAD-Android-App

数多くのレビューを受けている人気アプリの場合、これらの質の悪い評価が平均評価に与える影響は少ないですが、アプリリリース直後はレビュー数が非常に少ないために平均評価に影響しやすい状況です。スタートアップ企業はもちろんのこと、膨大な資金を投じて開発したアプリが “見当違い” の評価によって出鼻をくじかれては堪ったものではありません。

今回の返答・反論機能の提供により、新たにサポートコストというものが発生するのも1つの懸念材料ではありますが、開発者のコミュニティでは非常にポジティブに捉えられているようです。

[グーグル公式 via BGR]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます