米グーグル、Gmail経由の送金に対応へ

米グーグルはサンフランシスコで開催された開発者向け会議「Google I/O 2013」にて、Gmailに「お金」を添付して送金する機能を数ヶ月以内に実装すると発表しました。送金機能を利用するには18歳以上である必要があります。

send_money-hero_large_verge_medium_landscape

この送金機能には「Googleウォレット」が利用され、Gmailの新規メール作成ウィンドウの「$」ボタンを押し、金額を入力するだけで簡単にメール受信者へ送金ができます。GmailやGoogleウォレットのアカウントを保有してない人にも、おそらくGoogleウォレットにサインアップしてもらうことにより送金することが可能です。

THE VERGEによると、この送金システムはGoogleウォレットのシステムを利用しているため、銀行からの送金の場合手数料はかからず、クレジットカードやデビットカードからの送金の場合、手数料として送金金額の2.9%か、最低手数料の0.3ドル(約30円)が発生するだろうとしています。

上の動画をみると、メールに画像を添付する程度の気軽さで送金が可能なことが見て取れます。送金システムの利用にはGoogleウォレットのアカウントが必要ですが、このシステムがGmailに導入された後、私たちの生活にどんな変化が生まれるのでしょうか。

[THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます