Haswell内蔵GPU「Iris」は従来比2~3倍の性能実現

インテルは1日(現地時間)、同社の第4世代Coreプロセッサー「Haswell」に搭載されるGPU「Iris」を公開し、Irisは第3世代Coreプロセッサー「Ivy Bridge」内蔵GPUと比べて2~3倍の性能を達成していると発表しています。

0004

上のウルトラブック向けプロセッサの3D性能比較表を見ると、Ivy Bridge世代の「Core i7-3687U」比で、TDP28Wの「Core i7-4558U」は2倍以上の性能を実現しています。ただし、Core i7-4558Uをウルトラブックに搭載するには強力な冷却システムが必要となり、多くのウルトラブックに搭載されると思われるTDP15Wの「Core i7-4650U(GPUにIntel HD Graphics 5000を搭載)」は前世代比1.5倍の性能向上にとどまっています。

0006

次にデスクトップ向けHaswellプロセッサのGPU性能に目を向けると、Ivy Bridge世代の「Core i7 3770-K」比で、TDP65WのCore i7-4770Rはほぼ3倍、TDP84WのCore i7-4770Kは2倍近い性能を実現しています。

Haswellは一説には6月に刷新される「Macbook Pro」への搭載も噂されていますが、前モデルからどれだけグラフィック性能が向上するのか、注目されます。

[THE VERGE / PC Watch]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます