シャープ製IGZOディスプレイ、次世代MacBookに採用か ―Retina版MacBook Airの登場も

シャープは14日(現地時間)、3種類のノートPC用IGZO液晶パネルの生産を、6月から開始すると発表しました。そのパネルの大きさや解像度の高さから、次世代のRetina版MacBookに搭載される可能性があると指摘されています。

今回シャープが生産を開始するのは、すでに量産中である13.3インチ/2560×1440ドットの他に、11.6インチ/2560×1440ドット、14インチ/3200×1800ドット、15.6インチ/3200×1800ドットの、3種類の液晶パネルです。11.6インチはMacBook Air、13.3はMacBook Air/Pro、15.6インチは MacBook Proと、これまでのアップルのラインナップに画角はほぼ一致します。

また、既にiPad用にIGZOをアップルに提供していることや、次世代iPhoneにもIGZOが採用されるとの情報があり、今回生産されるディスプレイも例にもれずMacBookシリーズに採用される可能性が指摘されています。

macbook-pro-retina

これらのディスプレイが採用されれば、これまでよりさらに高精細になったMacBook Proだけでなく、Retina版MacBook Airの登場も期待されます。以前、Retina版MacBook Airの実現には、バッテリーに課題があるとの情報もありましたが、IGZOの省電力性能で解決するということなのかもしれません。

アップルは6月10日から開催される開発者向けイベント「WWDC 2013」の中で、次世代MacBookの発表をするとの情報もありますが、Retina版MacBook Airの登場はあるのでしょうか。

[SHARP via 9to5Mac]
参考:IGZOとは何か?

2013/05/17 11:32 JST
表現に誤解を招く点がありましたので下記のように変更いたしました。

ラインナップに一致します

ラインナップに画角はほぼ一致します
このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます