iPhone・iPadイベントは9月開催、Macイベントは6月開催 ―バークレイズ指摘

バークレイズのアナリストを務めるBen Reitzes氏は、米アップルがサービス・ソフトウェア・Mac関連のイベントを6月10日(現地時間、WWDCでの発表と思われる)に開催し、iPhone・iPad関係のイベントを9月に開催するだろうと報告しています。

Reitzes氏は過去に、NTTドコモが「iPhone5S」を取扱うだろうと予測した人物です(記事リンク)。同氏によると、アップルは数ヶ月以内にいくつかの新製品を発表するだろうとしています。

Apple-CEO-Tim-Cook-Speaking-FBN

すでに6月に開催されるWWDCでは、新型MacBook Proや新型MacBook Airの発表が噂されており、新型MacBook Proにはインテルの新型プロセッサ「Haswell」が搭載されるとの予測もあります。

そして、次期iPhone(通称:iPhone5S)の登場時期も9月になるのではないかという予測は各方面からおこなわれています。しかし、次期iPadや次期iPad miniの登場時期についての予測はアナリストによって異なっており、状況は流動的といえます。

アップルは今年後半に自社製品の刷新をおこなうことにより、現在の苦境を脱することができるのでしょうか。

[Fortune via BGR]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます