iPhone5S向け部品流出の恐れ  シックな複数色展開か

BGRは16日(現地時間)、米アップルの次期スマートフォン「iPhone5S」のものと思われるパーツの写真を複数枚公開しています。

bgr-iphone-5s-parts-9

今回、特に海外サイトで話題になっているのが上記のSIMトレイを写した写真です。iPhone 5をお持ちの方はお手持ちの端末を見るとすぐに分かりますが、ブラック&スレートモデルの場合、SIMトレイの色は写真よりも暗い黒色となっています。また、ホワイト&シルバーモデルの場合は写真のようなピンクゴールドに近いものではなく、シルバー色をしていることが分かります。

1368721976982

ピンクゴールド色のアクセサリ例

以前に同様のSIMトレイが流出した際には「撮影環境の色温度が影響してベージュに近いピンクゴールドのような色になったのではないか」とみられていましたが、BGRが撮影した限りではどうやら違うようです。

iPhone5Sは複数色展開との噂がなされていますが、もしかすると赤・青・緑・黄・紫といった原色系のカラーリングではなく、様々な金属の色を模したシックなカラー展開になるのかもしれません。仮に上写真の他にiPhone 5と同様の黒・白(シルバー)モデルが加わるならば、黒・グレー・ピンクゴールド・シルバーといったカラー展開が予想されます。

その他、流出した画像は以下の通り。

bgr-iphone-5s-parts-2

スピーカーブラケットとされる写真

bgr-iphone-5s-parts-5

Wi-Fiフレックスケーブルとされる写真

bgr-iphone-5s-parts-6

振動モーターアセンブリとされる写真

いずれも、分解して明らかになっているiPhone 5のものとは異なるようです。

同記事では、外観はiPhone 5から大きく変わることはないものの、内部パーツに関しては再設計されており、新機能を搭載するためのスペースの確保を目的としているのではないかとしています。ただし、今回公開された画像にはこれまでにも流出したことがあるパーツも多く、新機能の搭載を示唆したパーツはないようです。

[BGR via Cult of Mac]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます