ソフトバンクが16ヶ月連続首位・ドコモは純増維持 ―4月携帯電話純増数

ロイターは9日、4月時点での携帯電話契約数・純増数を報じています。

  4月純増数 3月純増数
NTTドコモ 1300件 41万7400件
KDDI 20万9500件 51万1900件
ソフトバンクモバイル 26万4400件 66万700件

4月の契約純増数は、NTTドコモが1300件、KDDIが20万9500件、ソフトバンクモバイルが26万4400件となりました。ソフトバンクは純増数で16ヶ月連続首位を獲得し、ドコモはかろうじて純増を維持しました。各キャリアとも年度末商戦が終わり、3月より純増数を大きく落としています。

  4月MNP契約数 3月MNP契約数
NTTドコモ -12万5400件 -18万5100件
KDDI 7万4400件 12万1400件
ソフトバンクモバイル 4万9700件 6万3800件

4月のMNP利用契約数は、NTTドコモが-12万5400件、KDDIが7万4400件、ソフトバンクモバイルが4万9700件となりました。KDDIはMNP利用契約数で19ヶ月連続首位を獲得しています。

  4月携帯電話契約数 3月携帯電話契約数
NTTドコモ 6153万7300件 6153万6000件
KDDI 3791万8800件 3770万9300件
ソフトバンクモバイル 3274万3900件 3247万9600件

4月の携帯電話契約数は、ドコモが6153万7300件、KDDIが3791万8800件、ソフトバンクが3274万3900件となりました。

4月は年度末商戦も終わり、夏モデルを待つ買い控えの動きもあって、各キャリアとも大きな動きはありませんでした。ソフトバンクはすでに夏モデルの発表会を開催し、ドコモやKDDIも5月中に夏モデルの発表会を控えています。夏モデル発表会の最中での、5月の携帯電話契約数の勝者はいったいどのキャリアになるのでしょうか。

[ロイター / 日本経済新聞日本経済新聞日本経済新聞]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます