KDDIは23日、25日よりAndroid搭載スマートフォン向けEメール(〜ezweb.ne.jp)及びSMS(Cメール)に、チャット形式の「会話モードUI」等の新機能を導入すると発表しました。

「会話モードUI」とは、チャット形式でメッセージのやり取りができる方式で、送受信メッセージが1つの画面で確認できるため効率的なメッセージのやり取りが行えます。

p_besshi_01

さらに、ポップアップ表示の導入も行われます。ポップアップ表示とは、メッセージを受信した際に画面中央に送信者・メッセージ本文などを表示する機能です。また、ポップアップ表示から直接返信メールを送信することも可能となり、さらにアドレスごとにポップアップ表示/非表示を設定することもできます。

p_besshi_02

その他にも、HTML形式のメールの受信容量を1MBへ拡大することにより、従来たびたび表示されていた「サイズオーバーのため受信できません」と表示が少なくなる予定です。

上記の機能以外にも、特定のメールアドレスとの送受信を隠すことができる「シークレット機能」や、画像を添付する場合、リサイズしてから添付が可能になる「添付ファイルリサイズ機能」、Eメールのテーマをプリセット画像や好みの画像に変更できる「テーマ追加と背景画像設定機能」などが新たに追加されます。

新Eメールの対応機種は、2013年夏モデルでは「XperiaUL SOL22」「URBANO L01」「HTCJOne HTL22」です。現在発売中のAndroid4.x以上搭載の機種は、一部機種を除き6月以降アップデートにて対応予定としており、また2013年夏モデルの「AQUOSPHONE SERIE SHL22」はシャープ独自のメーラーを採用しているため対応しないとしています。

そして、新SNSアプリケーション対応機種は、2013年夏モデルの「XperiaUL SOL22」「URBANO L01」の2機種のみとなっています。

auのAndroidスマートフォンは、Eメールを受信すると通知バーにEメールアイコンが表示されるだけでしたので、今回のポップアップ表示や「会話モード」はユーザーの利便性の向上に繋がることが期待されます。

[KDDI]