LG、個人用と業務用にOSを切り替え可能な「VMware Switch」搭載スマホを発売

LG電子は16日(現地時間)、個人用と業務用にOSを切り替えて使用できる「VMware Switch」を搭載したスマートフォンを発売しました。北米で初めて商品化され、米ベライゾンより「Intuition(Optimus Vuのベライゾン版)」をベースにした対応端末が企業向けに発売されるとしています。

8743185708_80a8024101

「VMware Switch」は、仮想化技術を得意とするVMware社がLGと共同で2010年に発表した技術で、個人用と業務用でOSを切り替えて使用できるのが大きな特徴です。OSの切り替えも簡単な操作で実現でき、ソフトを起動しパスワードを入力するだけであるとしています。

通常、個人用と業務用両方の目的で一台のスマートフォンを使用すれば、個人のプライバシーや企業のセキュリティの面で不安が残りますが、今回の技術を利用することで、その双方の問題を解決できるとしています。スマートフォンの2台持ちをする必要がなくなり、効率的であるとのこと。

なお、VMware Switchの利用にはVMware社との契約が別途必要になります。

LGは、今後発売されるハイエンドスマートフォンへ同技術を搭載するほか、ベライゾン以外の通信キャリアにも積極的に販路を拡大するとしています。

仕事用に配給されたスマートフォンを使っているが、自由に使えなくて不便だ…といった人にとってはうれしいお知らせであるといえそうです。

[LG via Google Pad]

 

 

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます