米マイクロソフト、6月末にWindowsBlue(8.1)のパブリックプレビュー版を出荷

米マイクロソフトのWindows担当副社長を務めるJulie Larson-Green氏は7日(現地時間)、Wired Business Conferenceにて、「Windows Blue(Windows 8.1)」のパブリックプレビュー版を6月下旬に開催する開発者向けイベント「BUILD」にて公開し、出荷することを明らかにしました。

Windows Blueは「Windows 8」の大幅アップデートであり、同製品は年内に出荷されることが同社CFO兼CMOを務めるTami Reller氏によって明らかにされています(記事リンク)。

Microsoft-Windows-Blue-Low-Cost-Windows-Yearly-Updates

Windows Blueはスタートスクリーンに様々な改善が加えられるだけでなく、パフォーマンスの向上も計画されており、また噂ではありますが、起動時にデスクトップ画面を表示させたり、スタートボタンが復活するのではないかとも語られています。マイクロソフトがWindows 8にどのような変更を加えるのか、注目されます。

[マイクロソフト via THE VERGE]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます