次世代MacBookはHaswellを搭載し6月に発表との情報

DigiTimesは20日(現地時間)、上流サプライチェーン筋の情報として、米アップルの「次世代MacBook」は6月10日~14日に開催される「WWDC 2013」にて発表され、その変更点はインテルの次世代CPU「Haswell」が搭載されるだけにとどまるだろうと伝えています。

情報によると、次世代MacBookの出荷が近日に控えているため、4月~6月におけるMacBook関連の部品の注文は20%増大するだろうと上流サプライチェーン筋は見積もっているとのこと。

また、これまで大きなアップグレードがなかったため、2013年におけるMacBookの出荷量は例年と変わらないか、微増にとどまるだろうとしています。

new-macbook-pro-2012-25-SlashGear

今回の情報を信じれば、6月には確かにMacBook(おそらくMacBook Proのみ)にHaswellが搭載されるものの、「MacBook Air」へのRetinaディスプレイの搭載は見送られることになってしまいます。

たしかに、CPUの刷新がないままRetinaディスプレイを搭載すれば、レスポンスが悪くなるだけでなくさらなる消費電力の増大も招きかねません。はたして次世代MacBook Airのアップグレードのタイミングはいつになるのでしょうか。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます