スマホ利益の98%をアップルとサムスン、Android利益の95%をサムスンが独占 ―2013年1月~3月調査

市場調査会社Strategy Analyticsは15日(現地時間)、2013年1月~3月の世界のスマートフォン販売に関する調査結果を発表し、その結果、世界のスマートフォン販売利益の約98%を米アップルとサムスンが占め、Android端末の販売利益の約95%をサムスンが占めていることが判明しました。

2013年1月~3月のスマートフォンメーカーの利益とシェア

利益 シェア
アップル 71億ドル 57.0%
サムスン 51億ドル 40.8%
その他 3億ドル 2.2%
合計 125億ドル 100.0%

Source:Strategy Analytics

まず、2013年1月~3月におけるスマートフォン販売の利益をみると、1位のアップルが71億ドル(約7225億円)で57.0%のシェアを獲得し、2位のサムスンが51億ドル(約5190億円)で40.8%のシェアを獲得し、2社で合計97.8%のシェアを獲得していることがわかります。

 

2013年1月~3月のAndroid端末メーカーの利益とシェア

利益 シェア
サムスン 51億ドル 94.7%
LG 1億ドル 2.5%
その他 1億ドル 2.7%
合計 53億ドル 100.0%

Source:Strategy Analytics

次に、2013年1月~3月におけるアンドロイド端末販売の利益をみると、1位のサムスンがが51億ドル(約5190億円)で94.7%のシェアを獲得し、2位のLGの1億ドル(シェア2.5%)に対して圧倒的な差をつけていることがわかります。

2012年通年のスマートフォン販売における利益でも、アップルとサムスンは合計で103%の利益を占めているという調査結果もあり、2社のスマートフォン市場における強さは2013年に入っても変わっていないようです。

そして注目すべきはAndroid業界におけるサムスンの圧倒的な強さで、Androidプラットフォームの端末本体から得られる利益のほとんどは、サムスンが独占しているといっても過言ではないでしょう。米グーグルはサムスンがAndroidプラットフォームに占める、あまりの存在感の大きさを問題視しているともいわれていますが、はたしてAndroidプラットフォームに今後、サムスン以外の勝者は現れるのでしょうか。

[Strategy Analytics via TechCrunch]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます