シャープ、全スマホにIGZO搭載へ ―14年度出荷分

シャープの常務執行役員を務める長谷川祥典氏は23日、都内でおこなった新製品説明会にて、2014年度に出荷する全てのスマートフォン、タブレット端末に「IGZO」液晶を搭載することを発表しました。また長谷川氏は、同社の携帯事業について「国内企業の中で1位になる」とも表明しています。

IGZO液晶は高精細で消費電力が少ないことが特徴としてあげられ、2013年夏モデルでもNTTドコモからは「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」とタブレット端末の「AQUOS PAD SH-08E」が、KDDIからは「AQUOS PHONE SERIE SHL22」がIGZO液晶搭載モデルとしてラインナップされています。

IGZO搭載液晶を搭載したスマートフォンの特徴はやはり低消費電力である点で、AQUOS PHONE SERIE SHL22などは最長3日間の駆動が可能だとメーカーは発表しています。

serie3-500x500

AQUOS PHONE SERIE SHL22

シャープはIGZO液晶の販売を業績回復の中心にすると発表しており、同社のIGZO液晶にかける強い期待が感じられます。また、2014年度の同社製スマートフォンの全モデルにIGZO液晶が搭載されるとのことで、ハイスペックモデルだけでなく手頃な価格のモデルにもIGZO液晶が搭載されることが予想され、2014年度のシャープのスマートフォンのラインナップがますます注目されます。

[日本経済新聞]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます