シャープ、ノートPC向けIGZO液晶追加 ―11.3型・2560×1440ドット等

シャープは14日、ノートPC向けIGZO液晶のラインナップを拡大すると発表しました。新たに追加されるのは11.3インチ、14インチ、15.6インチの3モデルで、これらの液晶パネルは亀山第2工場にて生産されます。

シャープは今年1月からすでに13.3インチのノートPC向けIGZO液晶パネルの生産を開始しており、今回発表された3モデルを加え、計4モデルが市場に登場することになります。

シャープのノートPC用IGZO液晶のモデル一覧は以下の通り

  • 11.3インチ 2560×1440ドット 253ppi
  • 13.3インチ 2560×1440ドット 221ppi(既存モデル)
  • 14インチ 3200×1800ドット 262ppi
  • 15.6インチ 3200×1800ドット 235ppi

sharp_igzo_haber2

シャープは本日14日に発表した2013年3月期の連結決算において、過去最高額の赤字となりました。同社は経営再建に向け、IGZO液晶を積極的に展開していく事を表明しており、サムスンとはIGZO液晶だけでなく、白物家電においても提携を進めることを発表しています。シャープの虎の子のIGZO液晶は、同社の苦境を切り抜ける鍵となるのでしょうか。

[マイナビニュース]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます