小さい・軽いは正義!ハイエンド端末の陰に隠れた名機あり? ―ソフトバンク 2013年夏モデル発表会レポート

ソフトバンクは7日、都内のホテルにて2013年夏の新商品発表会を行いました。ドコモ、KDDIなど通信大手3キャリアの中では最も早く夏モデルの発表となったソフトバンクですが、発表端末はフルセグに対応したハイエンド端末2機種を筆頭に、小型で使いやすいミドルレンジモデルから、年配の方に配慮されたスマートフォン「シンプルスマートフォン」、イーモバイルの通信帯域にも対応したデュアル4GのモバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi」、健康管理を目的としたヘルスケアサービス「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」の投入など、幅広い層に訴求した商品ラインナップとしてきました。

既にガジェット速報でもハイエンド端末である「AQUOS PHONE Xx 206SH」や「ARROWS A 202F」、モバイルWi-Fiルータ「203Z」については速報にてお伝えしていますので、その他の端末や周辺機器で筆者が気になったものを中心にレポートをお送りします。

sbm2013summer-002

今回の発表会の中心となった機種は当然ハイエンドモデルの2機種であり、地上デジタル放送のフルセグを視聴できる点などがクローズアップされていましたが、ミドルレンジモデルである京セラ製の「DIGNO R 202K」やシャープ製の「AQUOS PHONE ss 205SH」などの小型・軽量端末の存在が光っていたように思われます。

sbm2013summer-003

■京セラ「DIGNO R 202K」

DIGNO Rは同社のDIGNOブランドを引き継ぐ端末で、CPUは1.5GHz駆動のデュアルコア「MSM8960」、内蔵ストレージも16GBと控えめな性能ながらも、本体サイズは60(W)×122(H)×10.4(T)mm、重量は僅かに94gであり、世界最軽量の防水スマートフォンとなっています。

sbm2013summer-004

100gを切る軽さは手に持った時に驚くほどで、この軽さだけでもライトユーザーを惹きつけられる魅力があるように思えました。横幅60mmという本体サイズも非常によく手に馴染み、その本体サイズぎりぎりに収められた4.3インチ・HD液晶の操作感とのバランスも絶妙です。

また本体背面をフラットな形状にしつつ角を丸め、サラサラとした質感の塗装にすることで手に持った時の快適さを向上させており、小さく持ちやすいサイズ感をさらに高めている点も好印象。小型軽量でシンプルな端末作りに定評がある京セラのお家芸的な一面が見えます。

sbm2013summer-005

CPUはデュアルコアながらも画面解像度をHDサイズに抑えたことで動作は軽く、操作時にもたつきを感じることはほとんどありませんでした。

同社のスマートフォンではお馴染みとなった「すぐ文字」機能についても強化されており、変換した文字を大きく画面に表示する漢字表示機能が追加され、さらに使いやすく。ロック画面からワンアクションで起動できる点も変わらずの使いやすさとなっており、これまでのDIGNOブランドの路線を堅実にブラッシュアップさせてきていることが伺えます。

その他特徴的な機能としては、本体に受話用のスピーカーが存在せず、ディスプレイ全体を振動させて音を出す「スマートソニックレシーバー」が搭載されている点が挙げられます。受話口がないので画面のどこに耳を当てても音が聞こえるほか、耳に押し当て周囲の音を遮断すれば騒音の大きな場所でもハッキリと音声が聞こえ、場所を選ばない通話品質を持っています。

■シャープ「AQUOS PHONE ss 205SH」

AQUOS PHONE ssも小型・軽量のミドルレンジクラスの端末であり、ライトユーザーに訴求した主力端末となります。本体サイズは60(W)×122(H)×11.9(T)mm(暫定値)、重量は119g(暫定値)。DIGNO Rと同じ横幅60mmに抑え、さらに強めのアールをつけた丸みのある背面と相まって、非常に持ちやすく片手でもタッチ操作のしやすい端末に仕上がっています。

sbm2013summer-006

こちらの端末もCPUには1.5GHz駆動のデュアルコア「MSM8960」を採用しており、ハイエンド端末との差別化を計りつつも、背面カメラにはハイエンド端末と同じ約1310万画素のCMOSセンサーを搭載するなど、必要な機能では妥協しない姿勢が見え、消費者としても端末の売りとなる部分がはっきりと分かるため、カメラ機能を重視する人には選びやすい端末となっています。

カメラへのこだわりは撮影方法にも現れており、音声入力によってシャッターを切ってくれる「Voice Shot」を搭載することで、シャッターボタンを押す際の手ブレを防止。より美しく失敗の少ない撮影を可能としています。

sbm2013summer-007

また前機種となる「107SH」から、引き続き「高感度放射線測定機能(エアメータ)」を搭載している点も大きな特徴です。エアメータのセンサーは107SHに搭載されたものからさらに性能が向上しており、放射線の検出部を2倍に拡大したことで測定時間の短縮に成功、従来は2分掛かっていた測定が1分になっています。

AQUOS PHONEシリーズはロック画面のカスタマイズなどにも特徴がありますが、このロック画面にもエアメータの測定値を表示することが可能であるなど、大きく宣伝していない機能とは言え、しっかりとブラッシュアップさせてきている点が好印象でした。

そのほか筆者が注目した点としては、DIGNO R、AQUOS PHONE ss共にキャップレス防水となっていることが挙げられます。(AQUOS PHONE ssはSIMスロットなど一部がキャップ式防水。)

これまでの端末では、防水というとシリコンゴムによるパッキンでイヤホンジャックやmicroUSBなどの各種端子部に蓋をすることで実現しているものがほとんどでしたが、今回発表された端末の多くがそういったパッキン方式のキャップを用いない、端子が剥き出しの状態での防水機構を持っていました。

説明員によれば、各端子部を密閉構造とすることで実現しているそうですが、端子部全てにキャップが付いている防水端末と比較すると、とてもスマートで見た目にも綺麗であるほか、ほぼ毎日行う充電の際にいちいちキャップを外すという作業をせずに済むため、取り扱いが非常に楽であるというメリットもあります。

今回発表されたスマートフォンは全て防水となっていますが、イヤホンジャックやmicroUSB端子といった普段から利用頻度が高い部分についてキャップレス防水であるかどうかは、端末選びの大きなポイントであるように感じました。

sbm2013summer-008

■ACアダプタ「itomaki」

最後にご紹介するのは、スマートフォンの最も重要な周辺機器である充電用ACアダプタおよび充電ケーブルです。

スマートフォンに限らず、携帯電話の充電用ACアダプタと充電ケーブルというと無骨で取り扱いが面倒なものが多いですが、itomakiはその名の通り裁縫で用いられる糸巻きのようにケーブルをACアダプタに巻きつけて収納することができるのが特徴で、ACアダプタ本体に付けられた窪みやケーブルに付いているフックによって、利用するケーブルの長さを自由に調整できるようになっています。

糸巻きをモチーフとしたデザインはシンプルながらも美しさがあり、清潔感を感じさせる白一色の本体にカラフルな充電ケーブルが巻きついている様子は独特のオブジェ的な雰囲気があります。

sbm2013summer-009

ソフトバンクがこういったデザイン重視の周辺機器を用意することは非常に珍しく、そのデザイン性やネーミングセンスはKDDIのauデザインプロジェクトによる製品などを彷彿とさせます。

itomakiはiPhone 5やiPadなどで採用されているLightning端子のタイプとmicroUSB端子のタイプの2種類があり、さらにLightning端子のものには5V/1.0Aの「for iPhone」と、若干大きく出力が5V/2.1Aと高めの「for iPhone / iPad」の2タイプが用意され、合計で3タイプがラインナップされます。

sbm2013summer-011

「itomaki AC Adapter for iPhone」はホワイト、グレー、ブルー、グリーン、ピンクの5色展開で6月中の発売予定。「itomaki AC Adapter for iPhone / iPad」と「itomaki for smartphones」がホワイトとグレーの2色展開でいずれも7月以降の発売予定となっています。

発表会場では発売に先立ち取材記者たちに無料でitomaki AC Adapter for iPhoneが配られ、展示スペースなども大きく取られており、デザインコンセプト製品として大々的にアピールしていく姿勢が見えました。

スマートフォンやタブレット製品が一般に普及し、その周辺機器にも個性が求められるようになることは必然でもあり、キャリア主導によるデザイン商品が生まれるのは良い流れだと感じました。スマートフォン本体が個人の個性やファッション性をアピールする道具となっているように、周辺機器にもこだわりを持ちたい消費者層は少なくないかもしれません。

sbm2013summer-010

[ソフトバンク]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます