PS4の年内出荷台数は予定以下の可能性 ―部品メーカー指摘

DigiTimesは6日(現地時間)、上流サプライヤー筋の情報として、ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation4」の年内出荷台数は予定を下回るかもしれないと伝えています。

情報によると、ソニーは2013年にPlayStation4を1200万台~1600万台出荷する予定でしたが、上流サプライヤーはいまだにPlayStation4の部品の出荷指示を日本から受け取っていないとのこと。このことは恐らく、PlayStation4の出荷計画に遅れを生じさせることにつながるだろうとしています。

 WS0000192-500x280

ソニーはこれまで上流サプライヤーに対して、PlayStation4の出荷は6月に始まり、大量出荷は8月になるとし、また2013年のPlayStation4の出荷台数は2000万台に達するかもしれないと伝えていたとのこと。

台湾筋からPlayStation4の情報が少しづつ流出していますが、米マイクロソフトも5月21日(現地時間)に次世代ゲーム機「Xbox720(Xbox Infinity)」を発表するとみられており、今年は家庭用ゲーム機の将来を占う大切な年となりそうです。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます