米マイクロソフト、8インチ次期Surfaceを6月発売との情報

DigiTimesは15日(現地時間)、台湾のサプライチェーン筋の情報として、米マイクロソフトが8インチディスプレイを搭載した「次期Surface」を6月に発売するだろうと伝えています。また、10.xインチディスプレイを搭載した次期Surfaceの登場は7月~9月になるとのこと。

情報によると、8インチモデルの次期Surfaceはサムスン製のタッチパネルとNVIDIAのプロセッサを搭載し、台湾ペガトロンが組立をおこなうとしています。

Microsoft-Surface-Pro-Coming-Next-Month-at-Lower-Prices-Rumors-500x2741

画像は現行のSurface

マイクロソフトは2モデルの次期Surfaceにおける、初期の月間出荷台数は100万台に達すると見込んでおり、同社は次期Surfaceの売上に関して楽観的だと情報源は語っています。

現在タブレット市場の主戦場は7~8インチサイズへと移行していますが、マイクロソフトは8インチの次期Surfaceをリリースすることにより、出遅れてしまったタブレット市場でのシェアを獲得することはできるのでしょうか。

[DigiTimes]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます