スタートボタン復活へ! ―Windows8.1のスクリーンショットがリーク

Paul Thurrott’sは29日(現地時間)、「Windows8.1(旧称:Windows Blue)」のものと思われるスクリーンショットを掲載しています。Windows7以前に存在した「スタートボタン」が復活していることが見て取れるほか、スタートスクリーンにデスクトップの壁紙を表示することが可能になっていることがわかります。

blue-desktop

今回リークされた画像によると、おなじみのWindows8のロゴがそのままスタートボタンのアイコンに使用されており、タスクバーに違和感無く配置されていることがわかります。このボタンを押したときの挙動は言及されておらず、既存のスタート画面が表示されるのか、Windows7以前のスタートメニューが表示されるのかは明らかになっていません。

blue-desktop-closeup

また、これまでスタート画面の壁紙は、Windowsに標準で同梱されている20種類の中から選ぶ事しかできませんでしたが、Windows8.1ではデスクトップの壁紙をそのまま利用できることがわかります。

blue-start

同サイトによれば、Windows8.1には、PC起動時に直接デスクトップを表示する機能も追加されているとしています。

Windows8.1は、「Windows 8」「Windows RT」を対象とするアップグレードで、6月に開催される開発者向け会議「BUILD」の中で発表されることが明らかになっています。ついに概要が見えてきたWindows Blueですが、これまでにリークされた情報の他に新要素はあるのでしょうか。

[Paul Thurrott’s via Business Insider]

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます