WindowsPhoneのシェアが世界3位に ―13年1月~3月調査

米国の市場調査会社IDCは16日(現地時間)、2013年第1四半期(1月~3月)のスマートフォンの世界出荷台数で、「Windows Phone」が「BlackBerry」を抜き3位になったと伝えています。

OS 2013第1四半期
出荷台数
2013第1四半期
市場シェア
2012年第1四半期
出荷台数
2012年第1四半期
市場シェア
前年同期比
Android 162.1 75.0% 90.3 59.1% 79.5%
iOS 37.4 17.3% 35.1 23.0% 6.6%
Windows Phone 7.0 3.2% 3.0 2.0% 133.3%
BlackBerry OS 6.3 2.9% 9.7 6.4% -35.1%
Linux 2.1 1.0% 3.6 2.4% -41.7%
Symbian 1.2 0.6% 10.4 6.8% -88.5%
その他 0.1 0.0% 0.6 0.4% -83.3%
合計 216.2 100.0% 152.7 100.0% 41.6%

(単位:100万台)

2013年1月~3月の世界市場シェアで、Windows Phoneは昨年から1.2ポイント伸ばして3.2%になったのに対し、BlackBerryは6.4%から2.9%へ大きくシェアを落としました。

IDCによると、Windows Phoneの出荷台数のうち79%をノキアが占めており、またBlackBerryは低価格である「BlackBerry 7」が出荷量の大半を占めているものの、最新の「BlackBerry 10」プラットフォームの端末が100万台以上出荷されているとも報告しています。

Windows PhoneやBlackBerryがここから巻き返しを図ることができるのか、今後の市場の動向から目が離せません。

[Business Wire via CNET Japan]

ソーシャルシェア

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます