1TB SSDが新型MacBook Airと新型MacBook Retinaモデルに登場か

アップル関連製品を取り扱うVintage Computerの社長を務める武藤 秀毅氏は6日、Twitterにて「AirとRetinaは、1TB SSD が来ます。ソースは内緒。」とつぶやきました。 また武藤氏は同日にも「RetinaもAirもSSDコネクタは変更か・・・ ウ〜〜ム」とつぶやいており、この1TB SSDがモデルチェンジされた「新型MacBook Air」と「新型MacBookのRetinaモデル」に搭載される可能性は高いと思われます。

MacBookPro_Retina

すでに新型MacBookのSKU(モデルナンバー)は判明しており、その価格情報も明らかになったと報じているサイトもあります。明らかになった次期MacBookのモデルナンバーはMD711LL/A、MD712LL/A、MD760LL/A、MD761LL/Aの4つで、この4モデル以外にも新たなMacBookが近日発表される可能性もあります。

SSDはHDDに比べると容量の小ささが問題になることが多いですが、1TB容量のSSDが選択できるとすれば、SSDのストレージ容量の問題はほぼ気にならないといってもよいのではないでしょうか。来週開催されるWWDCでは新型MacBook Airか新型MacBook Pro、あるいはその両方が発表されると噂されており、アップルがWWDCでどのような発表をおこなうのか注目されます。

[Twitter via Gizmodo日本版]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます