Acerは3日(現地時間)、世界初のWindows 8を搭載した8.1インチタブレット端末「Iconia W3」を発表しました。Engadget英語版によると32GBモデルの価格は329ユーロ(約4万3020円)64GBモデルは379ユーロ(約4万9560円)で、Acer USによるとどちらかのモデルが379ドル(約3万8120円)とのこと。出荷時期は不明ですが、4日から予約を開始するとしています。

マイクロソフトのOfficeが標準で搭載し、本体に装着できるフルサイズキーボードも79.99ドル(約8040円)で販売されるとのこと。

Acer_Iconia_W3-810_straight_kb_large_verge_medium_landscape

Iconia W3の詳細スペックは以下の通り

搭載OS Windows 8
ディスプレイ 8.1インチ
解像度 1280×800ドット
CPU Atom Z2760 Clover Trail
内蔵ストレージ 32GB / 64GB
外部ストレージ microSD
サイズ 厚さ約11.43mm
重さ 約498g
その他 Microsoft Office搭載


Acer_Iconia_W3-810_horizontal_verge_super_wide
Acer_Iconia_W3-810_left_facing_kb_verge_super_wide Acer_Iconia_W3-810_Win8_verge_super_wide

Iconia W3はWindows 8を搭載することで多くのソフトウェアを動作させることができ、Officeも搭載しながらかなり安価に販売されるとのことで、かなりの競争力をもった製品ではないでしょうか。フルサイズのキーボードも発売されるとのことで、簡単な作業ならこの1台でまかなうこともできそうです。

情報源(Engadget英語版)に新たな価格情報が追加されたので追記しました。

THE VERGE / Engadget英語版