AppStoreに100円のアプリが登場 ―アプリ値上げの可能性も

現在App Storeに100円のアプリが登場しており、インターネット上ではApp Storeのアプリの価格レート設定が、今後変更されるのではないかと話題になっています。

スクリーンショット 2013-06-27 22.03.54

100円のプライスタグが付けられているアプリの例は、たとえば天気アプリの「統計天気」。現在オープニングSale第2弾で、価格が350円から100円に設定されています。

この情報を伝えたmeet-iによると、開発者向けのアプリ管理サイト「iTunes Connect」に、これまでの85円、170円、250円・・・という価格設定に加えて、100円、200円、300円・・・という価格設定が追加されたとのこと。

このことよりすなわち、今後全アプリの価格の計算レートが1ドル=85円から1ドル=100円になり、値上げにつながるのかは不明です。しかし、App Storeにこれまでになかった100円、200円、300円・・・という価格設定が設けられたことは確かです。

5月31日に、アップルは日本国内での「iPad」や「iPad mini」などを値上げしました。その理由は明らかにされていないものの、昨今の急激な円安(6月27日22時現在で約98円)を反映したものだと噂されています。また、アップルは日本国内で純正の周辺機器も値上げしたとの情報もあり、円安の影響が徐々にアップル製品の値上げにつながっていることがわかります。今後、App Storeの価格設定にさらなる変更が加えられるのか、注目されます。

[iTunes via meet-i]

ソーシャルシェア

著者

naoki112104850184

このニュースでディスカッション
  • コメントを投稿する際には「コメントガイドライン」を必ずご覧ください
  • コメントを投稿した際には、コメント機能利用規約(ガイドライン)に同意したものとみなされます
  • 主要ニュースサイトなどの「許可サイト」以外のURLを含む投稿はコメントが保留されます